旧伊藤邸保存育成会

伊藤伝右衛門像

万延元年(1860)、現往の飯塚市に生まれた伊藤伝右衛門は、苦労の末、石炭事業を展開し、筑豊地域で貝島・麻生・安川らの御三家に並ぷ事業家として成功を収めました。

事業で得た巨万の冨を、嘉穂郡立技芸女学校(現福岡県立嘉穂東高等学校)の創設、伊藤育英会の創設など、教青・文化事業に注ぎ、地域社会に還元しました。

また、嘉穂銀行や十七銀行の取締役として、そして幸袋工作所の創業者として地元の産業・経済の発展に尽力し、衆議院議員に当選してからは、遠賀川の改修工事を実現させました。

人間味あふれ、地元の人々から慕われた伝右衛門は、昭和22年(1947)、87歳の生渥を閉じました。

伊藤伝右衛門像

伊藤伝右衛門物語

過去に飯塚商工会議所所報に載ったものをここに載せています(全12話)。テキスト文書は編集中です。

  1. 伊藤伝右衛門物語
  2. 石炭事業の大成
  3. 幸袋工作所創業
  4. 代議士として活躍
  5. 遠賀川改修工事
  6. 女学校の創立
  7. 伊藤育英会
  8. 白蓮との再婚
  9. 絶縁状事件
  10. 事件の処理と結末
  11. 宝珠山炭鉱
  12. その晩年