旧伊藤伝右衛門邸は明治期に建てられ、大正期・昭和初期に 増築された近代和風建築物とし て その粋を凝らした豪邸は、 広大な庭園とともに歌人柳原白蓮が日常起居した建物として飯塚市内に残る数少ない石炭遺産であるとともに「炭 鉱王 伊藤伝右衛門」の功績を伝える唯一の文化遺産です。

 「旧伊藤伝右衛門邸の保 存を願う会」は、多くの方からのご支援を得て旧伊藤邸の保存活 動を行っている民間団体です。