珠算検定

「読み、書き、そろばん(計算)」は、子供の頃に身につけなければならない基礎能力です。「そろばん」を学習することで、脳の活性化に役立つといわれ計算力や暗算力はもとより、集中力、忍耐力、記憶力などが養われるとして、その効用が今見直されています。

 

※珠算能力検定1級から6級までを受験される中学生以上の方は、検定当日身分証明書が必要となりますので、受験票とともにご持参下さい。

 

商工会議所検定試験に係る個人情報の利用目的、共同利用及び匿名加工情報に関する事項の公表事項

ページの先頭へ戻る